マフラーの巻き方とカシミアについて

【この記事の所要時間 : 約 2 分

hogehoge01.jpg
マフラー巻き方事典

お洒落のセンスが問われるマフラー。
マフラーをかっこよく人と違った巻き方をしたいと思いつつ、いつも同じパターンで巻いてしまっていませんか?
いつもと同じマフラーでも結び方を変えるだけで、いつもと違った印象に見せることができます。
また、アウターに適した結び方をチョイスしたり、マフラーによっても巻き方を変える必要があります。
もちろんマフラーの巻き方は冬のマフラーだけでなく、ストール、スカーフなど他の巻き物でも使えます。
マフラーは男女共通のアクセサリーなので、結び方を覚えてパートナーにも教えてあげましょう。
一度覚えてしまえば簡単ですので、是非トライしてみてください。

アウトレットでカシミアのマフラーが安かったので購入。
ビジネスでもプライベートでも使えるように濃紺を選択。
ということでマフラーの結び方を学ぼうと思い、探していると上記のサイトが一番わかりやすかった。
ただ、カシミアに関してはいろいろと悪い噂もきく。
にせカシミヤあと絶たず 需要増え甘い検査、見分け困難

カシミヤ製品の偽装が止まらない。昨夏以降、4業者が公正取引委員会から排除命令を受けた。今年7月には、デパートの伊勢丹が販売した「カシミヤ50%」のストールに、全くカシミヤが入っていないことも発覚。公取委は景品表示法違反の疑いで調査している。

アローズや伊勢丹でもにせカシミアを販売しているとのことでチェックが難しいようである。
hogehoge02.gif
表示上は、カシミア98%、毛2%となっている。
Wikipedia – カシミア

カシミア(cashmere)とは、カシミアヤギ(山羊)から取れた毛または毛織物のこと。名前は、インドの北部高山地帯のカシミール(Kashmir)地方の古い呼び名に由来する。毛質は細く、柔軟で独特のぬめりがある。保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされる。カシミヤともいう。毛が細く密度が高いが軽く、暖かく、上品な光沢もあり、肌触りが良いとされ、その高価さもあいまって「繊維の宝石」とも呼ばれる。

肌触りとよく、高級感があるのでカシミアが好きであるが値段によってはある程度、覚悟しなければならないのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です