すき焼き

【この記事の所要時間 : 約 1 分

gyuniku_01.jpg
良い牛肉をもらったので、すき焼きを食べた。
Wikipedia – すき焼き

関東のすき焼きは明治に流行した牛鍋がベースになっており、出汁に醤油・砂糖・みりん・酒などの調味料を混ぜた割下をあらかじめ用意し、割下の中で牛肉を煮る。関西のものは文字通り牛肉を焼く料理で、肉が焼けたところに砂糖を乗せるか、まぶし、醤油を直接加えて味付けをする。肉と水の出る野菜を同時に焼かない点、コンニャクなど肉を硬くする作用を持つものを一緒に焼かないことなど、関西の調理の手順には特徴がある。

焼けた肉などの具材を溶き卵に潜らせて食べるのは関西発祥らしい。知らなかった。
北大路魯山人による「酒呑みのためのすき焼きには砂糖は入れない」とのことだが、確かに、個人的には、そっちの方がいいかもしれない。肉は肉として食べたいし。
sukiyaki_01.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です