30代にしておきたい17のこと – 本田 健 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

30代は人生を劇的に変えるラストチャンス。 いかに楽しみ、乗り越えるかで人生は大きく変わります。 ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』の著者が、 人生を最高のものにするために、 いますべき17のことを教えます。 ベストセラー『20代にしておきたい17のこと』に続く第二弾! ◎「自分が誰なのか」、セルフイメージを定期的にチェックする。 ◎両親に感謝の気持ちを伝え、お別れしておく。 ◎自分の内に潜む、びっくりするほど「ダークな自分」と出会う。 ◎人とのつき合いと学びにお金を惜しまず、人脈を金脈に変える。 ◎自分の死をイメージし、自分のお葬式の弔辞を書いてみる。

01. 「すべてを手に入れることは不可能」だと知る
02. 変えられることと、変えられないことの違いを知る
03. 自分の勝ち(負け)パターンを知る
04. セルフイメージを定期的にチェックする
05. お金と真剣に向き合う
06. パートナーや子供を持つかどうか決める
07. 自分の居場所を決める
08. 両親とお別れをしておく
09. 年齢の離れた友人を持つ
10. 運を味方につける
11. 自分のうちに潜むダークサイドを癒す
12. メンターから学び、教えを次にまわす
13. 人脈を金脈に変える
14. 才能のかけ算で勝負する
15. 大好きなことを仕事にする
16. 人生の目的を知る
17. 自分のお葬式の弔辞を書いてみる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

久しぶりの自己啓発系の本。わりとあっさりとかかれている。ちょっとあれ?と思った部分としては、「運」関係かな。運の波という部分は、「強運を呼び込む51の法則」に書かれてあるらしいが、このあたりは読んでないのでなんともいえないが、微妙かもしれない。
あとは、自己啓発本に必須といってもいい「メンター」にやはりふれているのでニヤリとした。
全然悪くない本だが、読む人の精神状態というかマインドによって受け取る内容が異なるかもしれない。自分の人生について再点検するきっかけにちょうどいいかんじかも。本書を読んだからといって明日から何かがかわるわけではないが、これをきっかけにして自分について考える時間を持ち、考えた結果を実行にうつせば、少しづつ見えるもの、心に浮かぶものが変わってくるのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です