鎌倉の旅 – 寿福寺

【この記事の所要時間 : 約 2 分


Wikipedia – 寿福寺

寿福寺(じゅふくじ)は、神奈川県鎌倉市扇ヶ谷にある臨済宗建長寺派の寺院である。鎌倉五山第3位の寺院である。山号を亀谷山(きこくさん)と称し、寺号は詳しくは金剛寿福禅寺という。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は北条政子、開山(初代住職)は栄西である。鎌倉三十三観音第24番。鎌倉二十四地蔵第18番。境内は「寿福寺境内」として1966年(昭和41 年)3月22日、国の史跡に指定された。

山門から中門に至る参道の敷石の意匠が鎌倉一美しいと言われている。本道の背後にある墓域には、源頼朝の妻・北条政子とその子の源実朝の墓がある。
鎌倉五山最古の寺で禅寺の前庭様式の伽藍構成となっている。





スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください