鎌倉の旅 – 鶴岡八幡宮

【この記事の所要時間 : 約 2 分


Wikipedia – 鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮(つるがおか はちまんぐう)は神奈川県鎌倉市にある神社。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉八幡宮とも呼ばれる。境内は国の史跡に指定されている。
康平6 年(1063 年)8月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠地とする河内源氏2代目の源頼義が、前九年の役での戦勝を祈願した京都の石清水八幡宮護国寺(あるいは河内源氏氏神の壺井八幡宮)を鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)に鶴岡若宮として勧請したのが始まりである。

鶴岡八幡宮は、源頼義が祀った社を源頼朝が遷して、鎌倉幕府の精神的支柱として創建したものである。観光ポイントとしては、鎌倉幕府3代将軍・源実朝を殺した公暁が隠れていたと伝わる大イチョウが有名であるが、この大イチョウ、樹齢1000年とも言われていたが、今年の3月に強風で根元から倒れた。現在は移植中ということで、折れたイチョウの木があった。
鳥居の左右にある源平池は、源氏池には島が3つ、平家池には島が4つあり、3は産になぞらえて源氏の繁栄、4は死になぞらえて平家の滅亡を表しているらしい。
紅葉は少しづつ色づいている感じだった。








スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です