20Q(トゥエンティ・キュー)は21世紀のたまごっちになるか?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

20Q(トゥエンティ・キュー)というオモチャをご存知ですか?
なんでも、「人工知能の問いかけに答えていくことで、人工知能側がプレーヤーが考えている答えを推測して最終的に答えるという新感覚の電子おもちゃ」で、アメリカでは2004年1月発売以来大ヒットしているらしい。
それが、日本で2005年11月に発売されて人気が出ているとのこと。
開発秘話でブログが実は開発に貢献していることを知った。
アメリカの製品を日本にローカライズする上で、10万人分のテストデータが必要だったらしいが、それを約20日間で集めなければならなかった。そして、最初の10日間で集まったデータは3万弱。
残り10日で7万強。間に合わない!!と悩んでいるとある日を境に1日に10万人以上のテストデータが集まるようになったらしく、調べてみると、あるブログで紹介された結果、トラックバックや2ちゃんねるを通じて広まっていったことが分かった。
そして最終的には、当初必要だった10万人分のテストデータの10倍を超す100万人以上のデータが集まったらしい。
データ集めにお金をかけずに済んだということもあり、
バンダイから発売された価格は、2100円(税込み)。
当初より約1000円下げることが可能になったみたい。
「ソレハ イキモノ?」――ブログが鍛えた人工知能「20Q」
20Q 公式HP
20Q 遊び方

たまごっちファン Premium (小学館セレクトムック)
小学館 (2014-07-05)
売り上げランキング: 715,761
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください