★★☆☆☆[映画] どら平太 (レビュー・感想・解説・ネタバレ)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

どら平太 [DVD]
どら平太

posted with amazlet
日活 (2000-12-22)

黒澤明・小林正樹・木下恵介・市川崑といった日本映画を代表する4人の巨匠が結成した四騎の会の第1回作品として企画された山本周五郎の原作による痛快時代劇を、市川崑が30年ぶりに映画化した

とある藩の不正を暴くために、江戸からやってきた新任の町奉行はどら平太と呼ばれる暴れん坊の望月小平太(役所広司)。彼は天衣無縫のふるまいで、ヤクザの取り仕切る無法地帯へ乗り込んでいく。

勧善懲悪の骨太なストーリーを、市川崑はユーモアを交えた演出とコントラストのきいたスタイリッシュな映像で観る者を飽きさせない。五十人斬りという見せ場だけではなく、どら平太の個性を適格に表現している役所広司の軽妙洒脱な演技に加え、石橋蓮司、石倉三郎、浅野ゆう子、片岡鶴太郎といったバイプレイヤーの存在感がこの映画を確かなものにしている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レビュー・感想・解説・ネタバレ

完全ネタばれなので、映画未視聴の方は、決して読まないように。

勧善懲悪の時代劇。
娯楽映画。
悪くはないけど、わざわざ四騎の会で撮るほどの作品とは思えなかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です