花神 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

花神〈上〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社

周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者大村益次郎の波瀾の生涯を描く長編。動乱への胎動をはじめた時世をよそに、緒方洪庵の適塾で蘭学の修養を積んでいた村田蔵六(のちの大村益次郎)は、時代の求めるままに蘭学の才能を買われ、宇和島藩から幕府、そして郷里の長州藩へととりたてられ、歴史の激流にのめりこんでゆく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

Wikipedia – 大村益次郎

大村 益次郎(おおむら ますじろう、 文政7 年5月3日(1824年5 月30日) – 明治2年11月5日(1869年12 月7日)は、幕末期の長州藩(現・山口県)の医師、西洋学者、兵学者。維新の十傑の1人。
長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。幼名は宗太郎、通称は蔵六、良庵(または亮庵)。諱は永敏。位階は贈従三位、後に従二位。家紋は丸に桔梗。

日本陸軍の創始者である村田蔵六(良庵)の物語である。周防の村医の息子として生まれ、自身も村医としてキャリアをスタートさせた。もともとは武士階級ではなく、長州藩士でもなかった。そんな村田蔵六は、医者として蘭学を学ぶために大阪の適塾に入塾し、物語がはじまる。
もともとが医者であり、侍でなかったためか、蘭学の才能によって宇和島藩や幕府、長州藩へ取り立てられていくという不思議な経歴を持っている。時代の表舞台に立った頃はすでに長州藩士となっているが、それも非常に短い期間である。
医者であるため、当時の医学関係の人物たちも多く本書には登場する。大阪に適塾を創設した緒方洪庵や、長崎に鳴滝塾を開設したシーボルト、シーボルトの娘・楠本イネなどである。こういったサブストーリーも本書をより引き立てている。
本書のタイトルである「花神」とは、中国のことばで、花咲爺(はなさかじじい)を意味し、日本全土に革命という名の花が咲き、革命が成功するための花咲爺が本書の主人公であるという意味らしい。
明治維新を成功に導いた維新の十傑の一人であり、医者であり、蘭学者であり、兵学者である大村益次郎の一生を垣間見ることができる本書は非常に楽しく読める一冊である。オススメ!

花神 (中) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
花神 (下巻) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です