調査した74%が申告漏れしていたらしい。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

asahi.com – 申告漏れ、調査の7割超 大阪国税局税務調査

大阪国税局は21日、今年6月までの1年間に近畿2府4県の個人事業者らを対象にした税務調査の結果を発表した。所得税(譲渡所得を除く)の申告漏れは、調査した7万7102件のうち74%にあたる5万7061件で見つかり、総額は約1631億円(前年比4.4%増)だった。約245億円(同3.2%増)が追徴された。業種別の1件あたりの申告漏れ額は、貸金業が9357万円で最も多く、次いでマージャンクラブの3897万円だった。

個人事業主を対象に、7万7000件の税務調査をして 74% が申告漏れ。ってすごくない?総額が約1600億。全国の個人事業主を250万とすると、約1/32なので、全国で一斉にやれば、5兆円、追徴課税額は8000億くらいか・・・。
やっぱり割合がすごいね。
実際、税務調査やられるとかなりいややけどね。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
きたみ りゅうじ
日本実業出版社
売り上げランキング: 663
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です