サイトのコンテンツとは?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

サービスの説明がコンテンツではない|関連する情報にこそ有益な情報がある

紹介するサービスの事についてのコンテンツを提供する形は多々あります。しかし、ユーザーからしてみると、そのサービス以外の情報が実は役に立つというケースのほうが多かったりします。会社名、サービス名で検索されることが全てではありません。コンテンツのヒントは、ユーザーが使いやすい情報をさりげなく提供することにあります。今一度、考えてみてください。意外なものがユーザーに求められたりするものです。

というホームページを作る人のネタ帳さんの記事があった。ここではある駐車場のサイトの例が挙げられていたが、あーなるほどなあと思った。結構、前からコンテンツ、コンテンツとは言われるが、コンテンツって何?と思っている人には結構どんぴしゃな情報ではないだろうか。

3)サービスのそのものの紹介がコンテンツという考えは間違い
4)サービスに関連する情報がコンテンツになる

ページの最後にまとめが書かれているが、特に重要なのは上の2つ。3)という前提があって、4)がある。『サービスに関連する情報』というものが何なのか?に知恵をしぼることがコンテンツ作りの第一歩ということかと。良記事。
関連するという話になると「マインドマップ」というところに繋がっていくのだと思う。

10年つかえるSEOの基本
10年つかえるSEOの基本

posted with amazlet at 15.11.19
土居 健太郎
技術評論社
売り上げランキング: 51,999
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です