イタリアの旅 – 聖書

【この記事の所要時間 : 約 1 分

海外旅行に出かけ、有名な美術館にせっかく足を運んでも、何を描いているのか、さっぱりわからない…。もし、そうだとしたら何とも残念なこと。西洋絵画には、私たちにとっては馴染みが薄い旧約聖書・新約聖書を題材とした作品が数多くあります。聖書の物語の知識が少しあるだけで、絵を見る楽しみがグンと広がります。本書は、その手助けとなる初心者向け入門書の決定版。
昨日、ギリシャ神話をてっとり早く理解する本をご紹介したが、今回は聖書。西洋絵画の場合、ギリシャ神話を題材にしたものより、聖書を題材にしたものが多いので、聖書を知らなければ理解できないことも多い。それをカバーするのが本書。めちゃめちゃオススメ!
本書を事前に読んでいったおかげで、ウフィツィ美術館やヴァチカン美術館でより多くの作品を読み解くことができた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です