イタリアの旅 – ナポリ (後編)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

napoli_15.jpg
ナポリといえば、ナポリタンではなく、マルガリータ!そして、ナポリで有名なピザ屋といえば、「ダ・ミケーレ」である。
L’antica Pizzeria “da Michele”(アンティーカ・ピッツェリア「ダ・ミケーレ」)

ナポリに数ある有名ピザ店の中でも『超』がつく有名店。ピッツァの味はナポリ一番と言えるでしょう。ランチ時には列ができていて、入店には店内で配られる番号札をもらい、番号が呼ばれるまで待つ必要があります。
店内は食堂風で相席。ゆっくり落ち着いて食べるお店ではないので旅慣れない人にはお勧めしません。

というナポリの超有名ピザ屋へ行ってきた。かなりの混み様。
napoli_16.jpg
イケメンのピザ職人がテキパキと働いているのは好感が持てる。

店内はシンプルな食堂風で、混んでいるので4人以下なら相席になることが多いでしょう。メニューは壁に貼ってありますがとてもシンプルで、ピザは2種類のみ、マルゲリータとマリナーラです。「マルゲリータ(Margherita)」はトマト、モッツァレラチーズ、バジリコがのったナポリの代表ピッツァ、「マリナーラ(Marinara)」はトマト、ニンニク、オレガノのピッツァ。ぜひ新鮮なモッツァレラが乗ったマルゲリータを頼んでみてください。中サイズ1枚で十分お腹いっぱいになり驚くほど美味しいですよ。

店内では若手のピザ職人が4~5名ほどせっせとピザを作っていた。
napoli_17.jpg
この方が天才ピッツァ職人ルイジさん。ひいおじいちゃんがイタリア統一までナポリを統治していた家のお抱えのピッツァ職人だったとのこと。オープンは1840年という老舗。
napoli_18.jpg
napoli_19.jpg
ナポリの宿の近くにあったアジア風の大衆食堂。ここは魚介類が絶品だった。
Ristorante A Figlia d’O Luciano(リストランテ ア・フィーリア・ド・ルチアーノ)

このレストランのムール貝のスープは絶品です。ただし、雰囲気は完全に大衆食堂で、地元客しか来ないような店なのでナポリ初心者にはお勧めしません。夜は周りもちょっと暗いです。英語メニューはあったと記憶します。僕はこの店の常連客になりたいと思うほど気に入っています。厳つい店員さんも実はとてもフレンドリーでなによりも料理が美味しい。そして食堂風のお店の雰囲気が大好きです。

このお店で、アーモ・イタリアの堂さんとばったり出会う。
ちなみに堂さんとは、上記の記事を書いている方で、イタリアのオルヴィエート在住の人です。
napoli_13.jpg
napoli_14.jpg
napoli_20.jpg
napoli_21.jpg
napoli_22.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です