デジタル一眼レフのグリップベルトならAcru

【この記事の所要時間 : 約 3 分

hand_strap_04.jpg
デジタル一眼レフは、コンパクトカメラと違って、結構重い。よって、片手で撮影するとブレが気になる。ブレないようにシャッタースピードを上げたり、ISO感度を上げるという手もあるが、しっかりとブレないようにグリップするという方法もある。
どうすればいいか、相談すると、グリップベルト(ハンドストラップ)をつけるのがいいということを教えてもらう。
ということで、EOS Kiss X4につけるグリップベルトを探してみた。するとなかなかいいものが見つかった。それは、Acru(アクリュ)というデザインショップにて受注生産を行っているレザー製のグリップベルトである。
レザーカメラグリップベルト – Acru

主に一眼レフカメラをしっかりホールドできるレザー製の「グリップベルト」です。カメラ底面の三脚穴と上サイドのストラップ取り付け部分(平テープを通すバータイプ)を使い固定します。クッション性・ホールド感ですが、手の甲に触れるこのクッション部分にはワイドカメラストラップシリーズの肩当て部分に入っているのと同じ、低反発のクッション材が入っています。この低反発のクッション材は飛行機のファーストクラスのシートや医療用ベッドなどにも使用されている素材で身体に柔らかくフィットし、衝撃時にはショックを軽減します。ご自身の手の形に変形し、体温によって柔らかくなり着けているうちに次第になじみます。

hand_strap_01.jpg
カラーバリエーションもいっぱいあってかなり良さげ!ということで購入した。
購入したのは、「レッド」。
acru.jpg
レザーでなくてもいいので、もう少し安いもの!ということならばハクバの以下のモデルがいいかと思う。
動画一眼レフに最適なグリップストラップ HAKUBA KGP-04

一眼レフの機構上、動画を撮影するとなるとファインダーではなく液晶モニタに表示しての撮影となります。
となると、人類未体験のカメラホールド姿勢が待ち受けているわけです。よってメーカーでは三脚の利用を推奨していますが、いまどきの撮影感覚ではそんなもの日常的に持ち歩くはずがない。
そこでビデオカメラのようにホールドできるグリップストラップが非常に便利。動画デジタル一眼ならマストアイテムと言ってもいいでしょう。

hand_strap_03.jpg
より詳しく知りたい方はこちらへ

canon_eos_kiss_x4_body.jpg sigma_30mm_f1.4.jpg
メーカーページ
楽天で最安値を検索
メーカーページ
楽天で最安値を検索
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です