リモワのサルサ(63L)がやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

rimowa01.jpg
2006年に購入したスーツケースの車輪の部分が壊れてしまったので、新しいスーツケースを購入することになった。いろいろと調べた結果、購入したのは、リモワのサルサである。
Wikipedia – リモワ

リモワ(Rimowa)は、ドイツのスーツケースのメーカーである。ノルトライン=ヴェストファーレン州のケルンに本社を置く。長年ジュラルミン製を主力として来たが近年はポリカーボネート製も製造している。日本での正規代理店は林五。

リモワでは、ポリカーボネート製として、サルサ(Salsa)、タンゴ(Tango)、ボレロ(Bolero)、リンボ(Limbo)、サンバ(Samba)を発売しているが、一番スタンダードなサルサにした。サルサの中では、内容量別に23L、35L、48L、63L、82L、104Lの6種類があるが、63Lのタイプにした。
rimowa03.jpg
スーツケースは長年使うものなので、取っ手や車輪などの部分で修理が必要になるケースがよくある。そうした場合に注意しなければならないのは、リモワの正規代理店以外で購入したリモワは日本では修理できない。(有償修理ならOKのケースもある) 並行輸入品を購入した場合、リモワ本社での修理は行ってくれるが、日本の林五では行ってくれないので、注意が必要である。
なぜなら値段を比べると、並行輸入品の方が圧倒的に安くなっているため、価格だけで考えると並行輸入品を買ってしまうところだが、のちのちのメンテナンス等を考えれば正規品の方がリスクは少ない。どちらか購入するかは、その人次第だが、そういう違いがあることは知っておいた方が良い。
ちなみによくある間違いに「リモア」という表現があるが、正式には「リモワ」である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です