Yahoo!とGoogleの違い

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Yahoo! はノーアンカーテキストマッチ的な要素がある

Google検索エンジンのWEBページの評価の基準のひとつとして、「アンカーテキストマッチ」というのがあります。
WEBページ記述されてあるキーワードと、アンカーテキストのマッチングですね。
私のホームページは主にSEO対策について書かれてあります。
見出し、H1タグ等にキーワードである「SEO対策」が記述されてあって、外部リンクとしてもSEO 対策というアンカーテキストが一番多いはず。
それもあって、現在割とGoogleにて上記キーワードで高位置に表示されています警告
これがマッチングの意味。
Yahoo!へのSEOなんかだと、上の文章の「私のホームページ」にリンクがされてあれば高得点だったり・・・。
ただGoogleの場合、「私のホームページ」と「SEO対策」とのマッチング性はゼロですから、今んとこほとんど外部リンクとしてのSEOスコアはありません(*´ω`)
これを単純にノーアンカーテキストマッチと呼ぶのは早計ですが、Yahoo!の特性として、このマッチング性が高過ぎたらマイナスになるケースが多々あるということですbad!
これは現段階では、Yahoo!とGoogleの最大の違いなのではないでしょうか

ネット上のSEOに関してよく目にするドゥアイさんであるが、さらっと結構重要なこと書いてますね。TDP対策とかTDP復活などのキーワードで検索している人は、よく読んだほうがいいと思う。
ネット上にあふれるSEO情報を断片的に集めていると、何が重要で何が重要でないかがよくわからなくなってくる人も多いかと思う。気持ちはよくわかる。
上記の記事でポイントなのは、アンカーテキストマッチとアンカーコンテンツマッチの話。このあたりをしっかり認識できれば大きくは間違わないかと思われる。

10年つかえるSEOの基本
10年つかえるSEOの基本

posted with amazlet at 15.11.19
土居 健太郎
技術評論社
売り上げランキング: 51,999
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です