Sonny Criss – UP,UP AND AWAY

【この記事の所要時間 : 約 2 分

アップ・アップ・アンド・アウェイ
ソニー・クリス
ユニバーサル ミュージック クラシック

チャーリー・パーカーが大好きだったソニー・クリス。ビバップ感覚を表現する演奏が非常に印象的である。このアルバムの中のアップ・アップ・アンド・アウェイ とサニーは、1960年半ばにアメリカでヒットしていたポップスであり、その曲をうまくアレンジして演奏している。

1. アップ・アップ・アンド・アウェイ
2. 柳よ泣いておくれ
3. ジス・イズ・フォー・ベニー
4. サニー
5. スクラップル・フロム・ジ・アップル
6. パリス・ブルース

アルト・サックスの名手でありながら、才能にふさわしい名声を得たのは、彼の死後であった。
Wikipedia – ソニー・クリス

ソニー・クリスはアメリカ合衆国のジャズ・サクソフォン奏者。ビバップの時代に程々の名声を掴んだアルト・サクソフォン奏者である。当時のサクソフォン奏者の多くと同じく、チャーリー・パーカーの影響を受けた一人であった。
1965年にプレスティッジ・レコードと契約し、主にハード・バップの伝統に根差したアルバムの録音を続けて、名声を勝ち得えた。この頃に制作されたレコードは、アルト・サクソフォンによるクリスの創意に富んだ演奏の実例であり、国内で名を揚げるのに貢献した。
1977年に胃がんを発病してからは二度と演奏しなかった。病苦に耐えかねた結果、同年ロサンゼルスで自殺して果てた。

お勧めのアルバムである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です