Bill Evans – INTERPLAY

【この記事の所要時間 : 約 1 分

インタープレイ+1
ビル・エヴァンス
ユニバーサル ミュージック クラシック

ビル・エヴァンスといえば、トリオであるが、このインタープレイはクインテットである。このアルバムは、スタンダードだけを取り上げて、ビル・エヴァンスらしくない速いテンポで演奏しているのが特徴である。日本でとりわけ人気が高いビル・エヴァンスであるが、その中でも本アルバムは人気がある。

1. あなたと夜と音楽と
2. 星に願いを
3. アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン(テイク7)
4. インタープレイ
5. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
6. 苦しみを夢に隠して

ビル・エヴァンスと、トランペットのフレディ・ハバード、ギターのジム・ホールといった異色の組み合わせを堪能したいアルバムである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です