ハッピーパウダーでみんなハッピー??

【この記事の所要時間 : 約 2 分

happy_powder.jpg
Wikipedia – ハッピーターン

ハッピーターンは亀田製菓が製造販売する楕円形の洋風せんべい。1977年に発売された。この名称は商品開発当時、第一次オイルショックの影響で不景気であったことから、「幸福(ハッピー)」がお客さまに「戻ってくる(ターン)」よう願いを込めて名付けられたものである。細長い楕円形のせんべいにハッピーパウダーと呼ばれる甘塩っぱい粉をまぶしたもの。せんべいには粉がつきやすいようにパウダーポケットと呼ばれる凹凸がついている。

そんなハッピーターンから、ハッピーパウダーが2倍(200%)になったバージョンが売り出されていたので、買って食べてみた。すると・・・・非常に濃厚。
ハッピーパウダーには中毒者が多いらしいが、これはさらなる中毒を生みそう。そんなハッピーターンであるが、なんと、ハッピーパウダー250%というバージョンも売られているらしい。
ハッピーパウダー250%の超DX級、驚愕の「ハッピーターン」に騒然。

「パウダー250%ハッピーターン」はその名が示す通り、ハッピーパウダーの付着量が250%に増量された、過去最高の幸せを感じられる「ハッピーターン」。亀田製菓に確認したところ、4月5日からセブン-イレブンで先行発売されているものだ。

セブンイレブンで先攻発売されているらしいので、見つけたら買ってみたいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です