DiCE for Linux インストールと設定

【この記事の所要時間 : 約 11 分

DiCE for LinuxからCUI版のdiced01912.tar.gzをダウンロードする。
1.rootでログインして、diced01912.tar.gzをインストール。
 # cd /usr/local/bin/
 # mv /home/hogehoge/diced01912.tar.gz ./
 # tar zxvf diced01912.tar.gz
2.DiCEの環境設定を行う。
 # cd /usr/local/bin/DiCE/
 # ./diced
 =-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
 Version 0.19 for Japanese
 Copyright(c) 2001 sarad
 :setup
 (0) 自動検出
 (1) ローカルのネットワークアダプタから検出
 (2) 外部のスクリプトから検出
 < 現在:0>
 (N)変更しない (P)戻る
 > 0
 ————————————————-
 プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
 < 現在:いいえ>
 (P)戻る
 > n
 ————————————————-
 IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
 (P)戻る
 > y
 検出IPアドレス>221.18.11.140
 ————————————————-
 IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
 (P)戻る
 > n
 ————————————————-
 IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
 設定可能範囲は5分以上です
 < 現在:>
 (N)変更しない (P)戻る
 > 10
 =================================================
 DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
 前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
 ください(分) 設定可能範囲は10分から1440分です
 < 現在:30>
 (N)変更しない (P)戻る
 > 30
 =================================================
 設定を保存しますか? (Y/N)
 (P)戻る
 > y
 設定を保存しました
 =================================================
 :exit
 
3.DiCEのイベント追加設定
 # cd /usr/local/bin/DiCE/
 # ./diced
 =-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
 Version 0.19 for Japanese
 Copyright(c) 2001 sarad
 :add
 新しくイベントを追加します
 DynamicDNSサービス名を入力してください
 ”?”で対応しているサービスを一覧表示します
 (P)戻る
 >VALUEDOMAIN
 —————————————————————————————
 << バリュードメイン >>
 URL: http://www.value-domain.com/index.php
 *** 情報 ***
 ・全ホストを更新するにはホスト名に”*”を指定してください。
 ・”ユーザー名”に入力された内容は無視されます。
 =================================================
 ドメイン名を入力してください
 ”?”でドメイン一覧を表示します
 (P)戻る
 >canalize.jp
 =================================================
 ホスト名を入力してください
 (P)戻る
 > @
 =================================================
 ログインユーザ名を入力してください
 (P)戻る
 >
 =================================================
 ログインパスワードを入力してください
 (P)戻る
 >*************
 =================================================
 登録するIPアドレスを入力してください
 空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
 (P)戻る
 >
 =================================================
 このイベントに題名を付けてください
 (P)戻る
 > canalize.jp IPアドレス更新
 =================================================
 このイベントを実行するスケジュールを設定します
 ————————————————-
 実行する頻度を指定してください (番号入力)
 (0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
 (4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
 (P)戻る
 > 5
 ————————————————-
 IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
 アカウントを削除されてしまうことがあります
 IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
 (0)7日毎 (1)14日毎 (2)21日毎 (3)28日毎
 (4)35日毎 (5)56日毎 (6)84日毎
 (P)戻る
 > 0
 =================================================
 このイベントを有効にしますか? (Y/N)
 (イベントの有効/無効は”EN/DIS”コマンドで切替えられます)
 >y
 =================================================
 イベントを保存しますか? (Y/N)
 >y
 イベント”canalize.jp IPアドレス更新”を保存しました
 =================================================
 :add
 新しくイベントを追加します
 DynamicDNSサービス名を入力してください
 ”?”で対応しているサービスを一覧表示します
 (P)戻る
 >VALUEDOMAIN
 —————————————————————————————
 << バリュードメイン >>
 URL: http://www.value-domain.com/index.php
 *** 情報 ***
 ・全ホストを更新するにはホスト名に”*”を指定してください。
 ・”ユーザー名”に入力された内容は無視されます。
 =================================================
 ドメイン名を入力してください
 ”?”でドメイン一覧を表示します
 (P)戻る
 >canalize.jp
 =================================================
 ホスト名を入力してください
 (P)戻る
 > *
 =================================================
 ログインユーザ名を入力してください
 (P)戻る
 >
 =================================================
 ログインパスワードを入力してください
 (P)戻る
 >*************
 =================================================
 登録するIPアドレスを入力してください
 空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
 (P)戻る
 >
 =================================================
 このイベントに題名を付けてください
 (P)戻る
 > *.canalize.jp IPアドレス更新
 =================================================
 このイベントを実行するスケジュールを設定します
 ————————————————-
 実行する頻度を指定してください (番号入力)
 (0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
 (4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
 (P)戻る
 >5
 ————————————————-
 IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
 アカウントを削除されてしまうことがあります
 IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
 (0)7日毎 (1)14日毎 (2)21日毎 (3)28日毎
 (4)35日毎 (5)56日毎 (6)84日毎
 (P)戻る
 >0
 =================================================
 このイベントを有効にしますか? (Y/N)
 (イベントの有効/無効は”EN/DIS”コマンドで切替えられます)
 >y
 =================================================
 イベントを保存しますか? (Y/N)
 >y
 イベント”*.canalize.jp IPアドレス更新”を保存しました
 =================================================
 :exit
4.DiCEを常駐モードで起動
 # /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
 =-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
 Version 0.19 for Japanese
 Copyright(c) 2001 sarad
 
 DiCE Daemon Started !!
※注意点
途中、IPアドレスの検出テストにおいて→「有効なIPアドレスを検出できませんでした」となる事象が発生。
原因:resolv.confの設定ミス
対策:/etc/resolv.confに以下を記述
nameserver 192.168.3.10 ← サーバのプライベートIPアドレス
nameserver 202.229.187.26 ← ns1.value-domain.com
nameserver 210.153.116.18 ← ns2.value-domain.com
結果:検出IPアドレス>221.18.11.140 とでるようになる。

新しいLinuxの教科書
新しいLinuxの教科書

posted with amazlet at 15.12.02
大角 祐介
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 28,752
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です