ライブ動画配信 と Ustream(ユーストリーム)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

ustream.gif
2007年3月からはじまったUstreamというサービスがある。動画のライブ配信というかライブ中継ができるサービスである。とくに新しくソフトを入れる必要もなく、WEBカメラとブラウザがあってインターネットにつながっていればOKという非常にシンプルなサービスであり、動画に広告が表示されるが、基本的には「無料」である。同じようなサービスは日本でも行われている。
注目をあびるようになったのは、2010年2月2日にソフトバンクがUstreamへの出資を発表したからだろう。これによって日本語版の公式サイトがでる可能性も高まっており、日本でも広がる可能性があると見ている。リアルタイムコミュニケーションという意味では、twitterやiphoneと相性がいいようにも思う。
まだ大きな流れにはなっていないが、私生活の映像などをネット上にさらす「ダダ漏れ女子」というのが存在する。有名どころでは、ケツダンポトフのそらのさんだろう。Ustreamをつかってブロガーへのインタビューやイベントなどをライブ配信している。亀井大臣の記者会見では、ustreamでライブ配信をしながら、twitterで質問を募集し、実際に質問をするなど新しい形を生み出している。
WEB上で動画といえば、YOUTUBEを思い起こす人が多いかと思うが、Ustreamは、リアルタイム動画配信であり、YOUTUBEはストック動画配信という違いがあるためすみわけがされるかと思う。Googleは、twitterもUstreamも狙っていると思う。
「ライブ動画配信」というのが今年のキーワードになるかもしれない。

ustream_tiger.gif

2月19日(金)には、タイガーウッズの記者会見がUstreamのCBSチャンネルで行われた。twitterで同時通訳する人も。こういった流れが加速するかもしれない。またそれにともない、問題も発生する可能性がある。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です