姉歯事件と住宅ブログ

【この記事の所要時間 : 約 2 分

あるサイトにて

いくつかのマンションでは住民が構造計算を業者にお願いするかどうか
なやんいるみたいですね。(100万くらいかかるとか)
耐震構造など安全かどうか確かめたいし、
安全でなければマンションの資産価値がなくなるし、悩むところですね。

というのが書いてあった。
やっぱり気になっているんですね。
私自身は、マンションを所有しているわけでも、販売しているわけでも、作っているわけでもないんですが、この問題、どういうところに落としどころを持ってくるのか非常に気になりますね。
知り合いの人で最近東京近辺でマンションを購入した人は会えば必ずこの話題を盛り込んできますしね。
でも100万円という金額は1人で出すわけじゃないし、組合で出し合ってやったほうがいいと思うんですけどね。こういうときには全員一致っていうのは結構時間もかかるし、難しいと思う。
だからある一定以上(80%とか)の合意が得られたらやってしまうというのがいいと思う。
一番難しいのが、それを推進する役割を誰がするか?ということですね。
これは難しい。皆さんどうやって決めてるのかな?
今、住宅についてのブログもたくさんあるみたいですね。
「スマッチ! 住まいの達人ブログ」のなかで、もっとも読者が面白い!と思ったブログを選ぶコンテストがあるようです。開催は2006年1月25日まで。
興味があればどうぞ。

耐震偽装―なぜ、誰も見抜けなかったのか
細野 透
日本経済新聞社
売り上げランキング: 318,608
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 最初は、ググルの意味もわかりませんでしたから
    たぶん、ネットをしない人には理解できないと思います

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です