終末のフール – 伊坂 幸太郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

終末のフール
伊坂 幸太郎
集英社

あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。
2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は、いかにそれぞれの人生を送るのか? 傑作連作短編集。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ジワジワくる短編集。本書は8つの短編で構成されているが、それぞれの短編が少しづつリンクされていて、突飛な設定をさらに面白くしている。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」という設定ながら、じんわりとした内容の短編が多く、じっくりよむとなかなか楽しい時間がやってくる。
「終末」がテーマなのに妙に明るい小説である。そこがフシギ。
名作!というほど構成や内容がすばらしくはないが、ヒューマンドラマとしては、佳作の部類に入るかと思う。読む人を多少選ぶ本かと。暖かい気持ちになりたい人向け。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です