「コピペルナー」というツールは面白い!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

nocopype.jpg
“コピペ論文”を判別 「コピペルナー」

ソフトウェア開発のアンク(東京都新宿区)は12月11日、リポートや論文などのテキストを、Webサイトや文献からまるまる“コピペ”していないかを判定するソフト「コピペルナー」の予約受け付けを開始した。12月下旬に発売する。
テキストを読み込んだ上で、Webサイトや文献データベースを検索。同じ文章や似た文章がないかを解析し、コピペと思われる文章の割合やコピー元の文献を表示するほか、コピペ部を色付きで表示。複数のテキストを読み込み、どれくらい似ているか示すこともできる。
金沢工業大学知的財産科学研究センター長の杉光一成教授が考案、アンクが開発した。杉光教授は「ソフトを販売することで、学生が『どうせコピペしてもばれてしまうから自分で考えてリポートを書こう』と思ってくれれば大成功だと思う」とコメントしている。
価格は、教育機関向けのスタンダード版が1ユーザー当たり4万5675円。機能を制限したスターター版が同9450円、ビジネス向けのスタンダード版が同6万7200円。

たぶん、大学などで蔓延しているコピペレポートに対応するためのソフトとして開発されたかと思われるが、外注先のリライトチェックなどにも使えそう。
ネットからのコピペには「シングルチェッカー」でOKだが、学生間レポートの類似点を調べる「クロスチェッカー」はこういうコピペレポート対策としては重要な機能かと思われる。
まあレポートは、自分で書きましょうということ。
個人ユースには、スターターライセンスで十分だが、スターターライセンスは教育機関の方のみに販売しており、個人には販売していない。ただし、スターターライセンスには、20日間の評価版があり、教育機関以外にもご提供可能と書いてあるので、ためしに使ってみたいという方は評価版かな。
ネーミングはいいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です