どうしてもWebページをきれいに印刷できない人には・・・

【この記事の所要時間 : 約 2 分

wpendia.gif
Webページ印刷用ブラウザー「WPEndia」v1.0

Webページの印刷に便利なIEベースのWebブラウザー。たとえば、IEで表示した料理レシピなどのWebページを印刷プレビューしたら右端が切れていたとか、ページ末のほんの数行が用紙の2枚目にまたがってしまい紙がもったいない、といった場合にお勧め。本ソフトを使えば、Webページの幅が用紙の幅にちょうど合うように印刷したり、Webページ全体が用紙1枚に収まるよう縦を縮小して印刷することが可能。もちろん縮小率を任意のパーセントで指定した印刷もできる。また、スクロールが必要な縦長のWebページのうち、画面に表示している領域のみを印刷したり、マウスで範囲選択したキャプチャー領域の印刷も可能。いずれの場合も用紙に印刷する代わりにPNG形式の画像としてファイル保存する機能があるので、プリンターがインク切れや用紙切れだった場合でもとりあえず画像に残しておける。なお、動作には.NET Framework 2.0以降が必要。

Webページをきれいに印刷する方法などをいままで紹介してきたが、ブラウザのバージョンやOSの問題でなぜかうまくいかないという人は、もう最終手段としては、このWebページ印刷用ブラウザー「WPEndia」しかないと思う!
WPEndia2.0

ウェブ印刷ブラウザーWPEndia2.0をリリースいたします。現在1.0バージョンでご利用中の方は、こちらにバージョンアップしていただくことを推奨します。ほぼ5カ月ぶりに再度リリースしますので、v2.0リリースの主な内容は、以下です。
①Tab機能追加
②アクセス履歴機能追加
③SEOウェブ分析機能追加

現在では、「WPEndia」v1.0 からバージョンアップした「WPEndia」v2.0 がリリースされているので、より使いやすくなっている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です