「Google Public DNS」に可能性を感じた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

google_public_dns.gif
Google Public DNS

Google Public DNS is a free, global Domain Name System (DNS) resolution service, that you can use as an alternative to your current DNS provider.

先日、Googleから 「Google Public DNS」 の発表がされていた。
このサービスは、Googleにとって、いやインターネットにとってエポックメイキングになるだろうと思う。
これからさまざまな媒体で 「Google Public DNS」について書かれると思うが、短期間であっさりとキャズムを超えるだろうと予測している。そしてキャズムを超えた後は、「独占」に限りなく近いサービスになる可能性を秘めている。
特に衝撃を受けたのが、「8.8.8.8」ならびに「8.8.4.4」 という数字である。電話では110番や119番に代表される「誰でも知っている番号」になる可能性を感じる。
大企業がこぞって使っているCDNサービス企業が、「アカマイ」であるが、もしGoogleが「Google Public DNS」でCDN機能まで対応させることになると物凄いことになる。しかし確かにGoogleにしかできないかもしれない。
akamai.gif
アカマイ・テクノロジーズ – Wikipedia

アカマイ・テクノロジーズ(Akamai Technologies, NASDAQ: AKAM)は、コンテンツ配信事業を行う、アメリカ合衆国の企業。
マサチューセッツ州ケンブリッジに本社がある。マサチューセッツ工科大学の教授が中心になって1998年に設立。ストリーミングをはじめとするコンテンツ配信事業の最大手であり、世界中に設置されたサーバと高速ネットワークの組み合わせによって高速なコンテンツ配信をユーザに提供している。
日本法人は東京都港区に所在し、日本オンラインゲーム協会に準会員として参加している。

新しいパソコンにはデフォルトで、「8.8.8.8」が設定される時代がくるのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です