サムライの掟 – 山本 博文 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

サムライの掟 (中公文庫)
山本 博文
中央公論新社

リストラ、接待、能力主義、情報戦…。江戸のサムライたちの日常は、現代的なテーマに溢れている。気鋭の江戸学者が、豊富な近世史料をもとに、世知辛い江戸人間模様を活写する歴史エッセイ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

最近、よく山本博文氏の本を読んでいるためか、ほかの本にでていた同じ話が幾度もでてきたので、使いまわしが多いなあ~と思った。内容は1エッセイ、10ページ程度がたくさん並んでいるという感じで、時間つぶしにちょうど良い。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください