サラリーマン武士道 – 山本 博文 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

“リストラ武士”の妻は売春していた?“サラ金”の取り立てを苦に自害した武士とは?時代劇では分らない江戸の実像を描く、傑作コラム。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

週刊誌「週刊現代」にて連載されていたコラムをまとめたものである。挿絵は、黒鉄ヒロシ氏が書いている。週刊誌で連載されていたものなので、1話というか1ページ完結で、非常にあっさりしていて読みやすい。時間つぶしにちょうどいい本である。
内容的には特筆することはない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください