明日、Window7 が発売される!

【この記事の所要時間 : 約 3 分

windows7.gif
Windows7 が明日、2009年10月22日に発売される。
Vistaからはアップグレードできるが、XPからはアップグレードできないとのこと。OSがXPの場合は、新規にインストールするしかないみたい。そして、気になるマルチブートだが、パーティションさえ分かれていれば、VistaやXPとは別のパーティションにWindows7をインストールすれば、ブートマネージャーでマルチブートできるようである。
クラシック表示というのは、ウインドウなどをWindows 2000以前のようなクラシック表示にすることだが、これも可能とのこと。ただし、クラシック表示にした場合、Windows Aeroを使う新機能が使えなくなるとのこと。ただ見た目を変えたくない人はクラシック表示にしてもいいかもしれない。
そして、一番気になるのが、「XPモード(XPM)」である。こちらは、すべてのエディションで利用できるわけではなく、Windows 7 Professional以上のエディションで利用できるようだ。Windows7は基本的にはVistaと互換性があるためVistaで稼動していたアプリはほぼうまくうごきそう。XPで利用していたアプリは、XPモードを利用すれば稼動できそう。(XPモードが、仮想環境内でXPを動かすというハードウェア仮想化を利用しているので、XP専用の周辺機器などは動かないので注意。)
XPモードに関しては、すでに利用した人から、マウスなどのカーソル動作やクリックなどがワンテンポ遅れるなどの報告があるので、メモリが少ないマシンの場合はけっこうきついかと思う。
Windows7は、インストール時にプロダクトキーを入れなくても、インストール後30日まではアクティベーションなしで利用できる。これは、30日間の限定試用期間であるが、マイクロソフトの正式なコマンドを利用することによって最大で120日まで試用期間を延ばすことができる。
くわしくはこちらへ
Windows7の「7」とはいったい何なのか?はこれからよく聞かれると思うので、知っておくといいかもしれない。
Window7 – Wikipedia

製品名の中の7は、Windows 1.0 / Windows 2.0 / Windows 3.x / 4.x (95, 98, 98 SE, Me) / 5.x (Windows 2000, Windows XP) / 6.0 ( Windows Vista ) に続く7番目のクライアント向けのメジャーリリースであることに由来している。

個人的には、Windows XP が好きなので、Windows7 にはそれほど興味はないが、仕事柄、そんなこともいってられなくなりそうなので、早めに触って経験値を高めておきたいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です