島津義弘 – 江宮 隆之 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

島津義弘 (学研M文庫)
島津義弘

posted with amazlet
江宮 隆之
学習研究社

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

島津義弘は、戦国時代の武将で、島津貴久の4人の息子(義久、義弘、歳久、家久)の中の1人である。兄・義久が島津家の当主であったが、秀吉による島津征伐後に弟である義弘に当主の座が譲られていたという説がある(表向きの当主であり、島津家内部での当主は義久とされていたというのが通説)。兄・義久は、ほとんど薩摩から出ることがなく、表舞台にも登場する機会が少なかったため、当主でない義弘の方が戦国武将・大名としては有名である。
やはり、長年、島津家の先鋒をつとめ、日向国の伊東義祐を破り、秀吉軍と戦い、朝鮮の役(文禄・慶長の役)では、「鬼石曼子」と呼ばれるほどの活躍をし、関ヶ原の戦いでは徳川家康の本陣を敵中突破するという「島津の退き口」を見せるなどの戦いぶりが戦国武将としての義弘の評価を高めたと思われる。弟と比べられる義久は自分では「弟たちや家臣団を遣わせて合戦し、勝利をおさめたというだけあって、自分の働きなどひとつもない」といいつつ、政治面での優れた実績を残している。
この時代の大きな戦いとしては、九州の関ヶ原ともいわれる耳川合戦が有名である。これは、島津家と大友家との乾坤一擲の戦いであった。この戦いで義弘は「釣り野伏せ」といわれる島津家得意の戦法を使ったといわれ、数的に圧倒的に有利であった大友軍を撃退している。
その後、龍造寺隆信を破り、九州制覇が目前を迫った頃に、豊臣秀吉という脅威が島津にやってくる。そこでの名将・高橋紹運の岩屋城落城にまつわる物語が、九州戦国志の「さいごの一人」ででてくる。この物語はなかなかおもしろかった。
また、義弘が子どもの頃から召し使っていた中馬大蔵という武士がいるが、その中馬に関する物語もここには登場する。この中馬の物語は、かぶき大名の「男一代の記」でも読むことができる。
関ヶ原の戦いの後、なんとか戦後処理をうまく乗り切り、本領安堵を受け、1609年には、義弘の実子であり、義久の養子であった島津家当主の家久(弟と同名だが別人)は琉球を併合し、その2年後、義久は79歳で死去。その8年後、1619年に義弘も死去している。このとき、殉死が禁止されていたにも関わらず13名の家臣が殉死している。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です