悪意 – 東野 圭吾 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

悪意
悪意

posted with amazlet
東野 圭吾
双葉社

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書は、被害者である人気作家・日高邦彦の幼馴染である野々口修の手記と、本事件を担当する刑事である加賀恭一郎の独白が対になる形で構成されている。
第一発見者である野々口修の手記から手がかりをつかみ、犯人を追い詰める加賀刑事であるが、本書の前半部分で犯人は特定され、犯人探しの旅は終わる。だが、そこから本書の面白さが俄然増してくる。
加賀刑事は、犯人探しの旅ではなく、動機探しの旅へといざなわれることになる。
いじめ、盗作、不倫、殺人、名誉など本書にはさまざまな事柄が登場するが、全体をすっぽりと覆っているのが、表題でもある「悪意」である。どのような悪意なのか、なぜそのような悪意が発生するのか・・・・詳しくは本書を読んでいただきたい。
ぐっと引き込まれること間違いなしのミステリー小説である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です