無料の携帯アクセス解析として「うごくひと2」を使ってみた。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

ugokuhito2.gif
無料の携帯アクセス解析として、うごくひと2を使っているが、これがなかなかいい。

6つの特徴
年齢・性別・地域などの「ユーザー属性解析」

サイト全体だけでなく、ページごとにもアクセスしてきたユーザーの年齢や性別・地域を分析します。

来訪頻度やユーザーの携帯ネット利用度などの「ユーザー行動解析」

訪れたユーザーの来訪頻度や、ユーザーがどれくらい携帯でインターネットをしているかなどをサイト全体・ページごとに分析します。

ユニークユーザー・セッション(訪問者)数分析

ユニークユーザーやセッション数での分析が可能になりました。サイト全体およびページごとでの分析が可能です。

検索キーワードの影響力をマトリクスで表示する「検索キーワードチャート」

「検索回数」と「離脱率」と「滞在時間」によるマトリクスでより効果の高い検索キーワードを明らかにします。携帯 SEO に効果を発揮。

“直帰率”や“滞在時間”など実用的な機能の強化

ビジネスにも使える機能を離脱率・直帰率、滞在時間分析などの詳細データが取得可能になりました。CSV によるデータエクスポートにも対応。

HTML タグ非表示 (法人のみ)

法人ユーザーでご登録いただくと、「うごくひと2」がサイトに入っていることがユーザーからは分かりません。個人ユーザーの方の場合は「うごくひと」のロゴが表示されます。

商用サイトでも無料で利用でき、法人のみだが、HTML タグが非表示という部分も導入する側からすればかなりのポイントだろう。
アクセス解析を行う側からもかなり有効な情報がでているので役に立つ。携帯ユーザーの年齢などはどうやって取得しているのだろうか?サイトには、性別 (推定値)、年齢 (推定値)という記述があるので、その推定値をどうやって取得しているのか気になるところ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です