Movable Type 5.0 ベータがリリースされていた。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

mt5.gif
先日、Movable Type 5.0 ベータがリリースされていた。日本語版と英語版が同時にリリースされている。MT5のミッションとしては、コンテンツ管理(CMS)の基盤が完成し、目的にそったウェブサイトを誰もが、作れる、配れる、利用できるという『何でもできる』を『誰もができる』にするとのこと。

Movable Type 5.0では、大きく分けて以下の機能が強化されています。
* 複数ブログの運営、ポータルサイトの制作を効率化するウェブサイト管理。
* テンプレート、カスタムフィールド、カテゴリー、フォルダ、画像ファイルなど、ウェブサイトのデザインをまとめて保存、配布が可能なテーマ機能
* 記事、テンプレートの更新履歴を保存。過去のバージョンへの復帰。
* カスタムフィールドを強化。ブログやウェブサイトの属性情報の拡張、カテゴリーと連動した記事入力項目の表示などが可能に。
* ユーザビリティ向上のために、管理画面を新しくデザイン

管理画面などMT3,MT4からはかなり変わっているみたいなので、今後MTを使い続けようと思っている人は、慣れておく必要があるかと思う。とはいえまだまだベータ版なので、本リリースされるまで様子見というのもありかと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です