Bill Evans – Sunday At The Village Vanguard

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Sunday at the Village Vanguard
Bill Evans Trio Scott LaFaro
Riverside (2008-09-16)

ビル・エヴァンスの作品であり、ベースがスコット・ラファロ、ドラムがポール・モチアンである。
ビル・エヴァンス

ドビュッシー、ラベルなどのクラシックに影響を受けた印象主義的な和音、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジと優美なピアノ・タッチ、いち早く取り入れたインター・プレイ、といった演奏は、ハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレットなど多くのピアニストたちに多大な影響を与えたほか、ジョン・マクラフリンといった他楽器のプレイヤーにも影響を与えている。
エヴァンスのアルバムには駄作が一枚も無いと評されることもあるほど、質の高い録音が多い。中でもベースのスコット・ラファロと録音した諸作品(特にアルバム「ワルツ・フォー・デビー」)は、ジャズを代表する傑作としてジャズファン以外にも幅広い人気を得ている。

本作品は、「ポートレイト・イン・ジャズ」・「エクスプロレイションズ」・「ワルツ・フォー・デビイ」とともに、「リバーサイド四部作」といわれる名アルバムである。オリジナル・ジャズ・クラシックとも言われている。本作品の10日後にスコット・ラファロが交通事故で亡くなったことも影響し、本作品を含めスコット・ラファロを含めたビル・エヴァンス・トリオは注目される。
「Solar」、「Alice in Wonderland」,「All of You」が個人的には好きである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください