金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記 – 岩瀬 大輔 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ネット生保として生命保険業界の革命児になろうとしているライフネット生命保険の代表取締役副社長 岩瀬大輔氏のHBS(ハーバード・ビジネス・スクール)時代の2年間を綴ったものである。
「金融資本主義を超えて」という部分はちょっとどうかなと思うが、本書はまさに「僕のハーバードMBA留学記」という留学体験記である。
ブログで公開していた内容を編集して本にしているようで、つながりが見えにくかったり、途中で終わっているような印象を受ける箇所もちらほらとあったが、ブログのコンピレーション本としてはまあ普通なのだろう。
これからMBAを目指す人ならびに、MBAホルダーに興味がある人にとってはある程度楽しめる本かと思うが、まあある種エンターテイメントとして読めば十分それ以外の人でも楽しめるような気がする。
非常に頭のいい人と思うので、あんまり感情移入はできなかった。
MBA、アメリカに限らず、留学体験記というのは話として聞いてみてなかなか面白いのでよかったらどうぞという感じかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です