絶対に失敗しないインターネットFAXのマニュアル

【この記事の所要時間 : 約 2 分

pamfax_top.gif
ネットから1枚11.7円でFAX送信できる「PamFax」

ネットからFAXを送信できる「PamFax」というサービスが、Skype認定サービスとして紹介されていました。
なんでSkype認定サービスかというと、Skypeクレジットによる支払いが可能なのだそうです。
初期費用は0円で、1枚あたりの送信料は11.7円となっています。月々513.52円のプロフェッショナルプランに加入すると、受信もできるようになるそうです。
とりあえず、出先からFAX送信したい、という時に便利そうかな、と思いました。あとはSOHOで仕事をしているような場合でしょうか。ほとんどFAXは使わないけど、稀に必要になるとか。
サービスの利用には専用ソフトが必要です。
こういうサービスのソフトはWindows版だけかと思いきや、Mac版もありました。ちょっとびっくり。

という記事を見つけたので、この「PamFax」というのを使ってみた。最初の1枚が無料ということで試しに。
まずサイトから専用ソフトをダウンロードして、自分のPCへインストール。そして、ソフトを立ち上げると以下のような画面が出てくる。ちなみに「Buy PamFax Credit」でPamFax専用のプリペイドカードを購入するみたい。最低購入金額は10ユーロ(約1300円)となっている。最初の1枚が無料なので、インストールした直後は、0.09ユーロ分(11.7円)の残高がアカウントにあった。まずは、「Send a File」を押す。
pamfax1.gif
送りたいファイルを選択する。
pamfax2.gif
送り先のFAX番号を入力する。
pamfax3.gif
カバーページ(扉)をどうするか選択する。
pamfax4.gif
オプションを選択する。
pamfax5.gif
料金が表示され、プレビューを確認できる。
pamfax6.gif
送信が完了すると以下の画面となる。
pamfax7.gif
うまくFAXできたかを確認するために「History & Settings」を見ると以下のように成功していることがわかる。オプションにて送信結果をメールで受信するようにしていると、結果がメールでやってくる。
pamfax_top2.gif
非常に簡単で使いやすいと思う。
自宅にFAXがなく、FAXを送信するのにコンビニまで行っているので、このツールは使えそう。1300円のプリペイドを買っておけば100枚以上送れる計算になる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です