Bill Evans – Explorations

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Explorations
Explorations

posted with amazlet
Bill Evans Trio Scott LaFaro
Riverside/OJC (1991-07-01)

ビル・エヴァンスの作品であり、ベースがスコット・ラファロ、ドラムがポール・モチアンである。
ビル・エヴァンス

ドビュッシー、ラベルなどのクラシックに影響を受けた印象主義的な和音、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジと優美なピアノ・タッチ、いち早く取り入れたインター・プレイ、といった演奏は、ハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレットなど多くのピアニストたちに多大な影響を与えたほか、ジョン・マクラフリンといった他楽器のプレイヤーにも影響を与えている。
エヴァンスのアルバムには駄作が一枚も無いと評されることもあるほど、質の高い録音が多い。中でもベースのスコット・ラファロと録音した諸作品(特にアルバム「ワルツ・フォー・デビー」)は、ジャズを代表する傑作としてジャズファン以外にも幅広い人気を得ている。

本作品は、ビル・エヴァンスが、マイルス・デイビスのバンドから離れた1958年の3年後、1961年にビル・エヴァンス・トリオとして録音している。同じ年の7月にバンドメンバーであるスコット・ラファロを交通事故で失い、しばらくレギュラートリオ活動は停止している。
「Beautiful Love」や「How Deep is the ocean」、「The boy next door」などの演奏がお勧めである。
ジャズファンだけにとらわれず、日本では女性を中心に人気がある。やはりクラシックのような響きをもつビル・エヴァンスの演奏が人気の秘訣なのかもしれない。日本では、お洒落な音色の「Waltz For Debby」が人気であるが、彼の代表作といえば、「Portrait in Jazz」だろうと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください