「星のや 京都」が京都嵐山で2009年12月12日にオープンするみたい。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

hoshinoya_kyoto.gif
以前、軽井沢へ行ったときに、「星のや軽井沢」へ泊まった(ちょっと高いけど)が、その星のやを運営する星野リゾートが京都に「星のや 京都」を2009年12月12日にオープンするみたい。
京都・嵐山の老舗旅館、星野リゾートが再生 12月開業(魚拓

 経営破綻(はたん)したリゾート施設を次々と再建させている星野リゾート(長野県軽井沢町)が、休業中の京都・嵐山の老舗(しにせ)旅館を改装、高級旅館として再生させる。12月12日の開業予定。全室が大堰川(桂川)に面した「和のリゾート」として、富裕層の宿泊客を当て込んでいる。
 老舗旅館は、明治初期創業の温泉旅館「嵐峡館」。渡月橋近くにあり、大浴場から嵐山の自然を眺められる旅館として人気だったが、06年に経営者が亡くなってから休業していた。
 星野リゾートは、約25億円を投じて「星のや 京都」として改装する。計画では、建物の外観はほぼ生かしながら、内装を現代風に全面的に変える。全25室とも嵐山と大堰川を眺められる「リバービュー」を売りにするという。
 部屋は8タイプあり、書斎を備えた約120平方メートルの2階建てのメゾネットタイプは1部屋あたり1泊12万円(食事なし)。「お一人様」用の約35平方メートルの部屋で1泊5万5千円(同)。料金は高めの設定だが、「日本発の和のリゾート」として、夕方にカクテルパーティーを開くなど外資系高級ホテル並みのサービスを提供するという。
 星野佳路社長は「まずは海外旅行で有名ホテルのサービスを知った国内の観光客を満足させたい」と話している。

場所は、京都嵐山の渡月橋から専用船でしか行けない陸の孤島にある旅館「嵐峡館」を改装して作るようだ。これは非常に楽しみ。ただ、料金は 55,000円~120,000円とかなりお高い。
さらに2011年に「星のや竹富島」がオープン予定とのこと。竹富島といえば、非常に小さい島で、以前は民宿しかなかったが、2004年にヴィラたけとみという純木造で8部屋しかないコテージホテルがオープンしている。今月、竹富島に行ってヴィラたけとみに泊まる予定なので、「星のや竹富島」の建設予定地でものぞきにいこうかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください