江戸城大奥列伝 – 海音寺 潮五郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

二代将軍秀忠に、世子竹千代(家光)が生まれ、その乳人に志願したのが美濃の浪人の妻お福。家光の将軍継嗣に尽力し、大奥全体の規律を定め、「表」の老中に匹敵するほどの権勢を持つようになった婦女=春日の局だ。ついで、お万の方、矢島の局、桂昌院、絵島など、歴代の大奥の人間模様を鮮やかに描いた海音寺史伝。
本書に出てくるのは、春日の局、お万の方、矢島の局、桂昌院、お伝の方、右衛門佐の局、北の丸殿、左京の方、絵島など江戸時代に大奥で力を発揮した女性たちである。徳川幕府では女性が政治に口をはさむことを禁止していたため、大奥はもともとそれほど力があったわけではなかったが、平和な時代が続くと大老、老中などの表と御台所を中心とした奥とで緊張がうまれ、側用人政治などが生まれるなど、時代によって力関係が大きく変わって行った。本書では、その変遷を楽しむことができる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください