店名の一部をひらがなにする理由

【この記事の所要時間 : 約 1 分

以前から気になっていたが、調べるほどでもなかった疑問がたまたまわかった。その疑問とは、和食系のお店の店名の一部がひらがなになっている理由はどういったものなのか?といったものである。
当初は、その業界の風習のようなものなのかな~と漠然と思っていたが以下のサイトで同じような疑問をもった人がいて、その人の質問にある程度、納得感のある回答がよせられていた。
なぜ割烹や料亭は「はせ川」など、店名の一部をわざわざひらがなにするのですか?

苗字にある名前を屋号にしようとすると登録済みなど多いです。
登録商標などでトラブルにならないためも理由にあると思います。

なるほどね。
確かに飲食店ならば、地区で同じ名前の屋号がすでに登録されていたりしてもおかしくないですからね。最近ではネットショップなどでも屋号が使われていてそういう問題を事前に回避する方法なんですね。

日本の料亭紀行
日本の料亭紀行

posted with amazlet at 15.11.19
葛城 三千子
右文書院
売り上げランキング: 71,522
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です