松本紳助 – 島田 紳助,松本 人志 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)
松本紳助

posted with amazlet
島田 紳助 松本 人志
幻冬舎

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書と同名のテレビ番組を文庫に凝縮したのが本書である。
時間つぶしにはちょうど良い。3~5分くらいで読める短編が20個くらい入っている。島田紳助と松本人志が2人でしゃべっているだけやけど、なかなか面白い。たぶん島田紳助単体や島田紳助と他の芸能人というリレーションは見たことや聞いたことがあるし、松本人志単体や松本人志と他の芸能人というリレーションは見たことや聞いたことがあるが、この2人のリレーションは今までなかったし、相性がいいというか混ぜあわせがいい感じがした。
中身の個別の話はいろいろあるが、松っちゃんが九九がでけへんとは知らんかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です