cronでの定期バックアップ

【この記事の所要時間 : 約 1 分

定期的にmysqlのDBをバックアップするためのシェルを作る。
#!/bin/bash
/usr/local/mysql/bin/mysqldump –opt 【dbの名前】 -uroot > 【バックアップファイル名(フルパス)】
これを、mysql_backup.shと名づけて、毎日1回自動的に動くように
/etc/cron.diary
へ配置。
これでcronで自動的に毎日1回シェルを叩いてくれる。
時間の設定は、/etc/crontab にて
02 4 * * * root run-parts /etc/cron.daily
であるので、毎日午前04時02分にシェルが起動されて、
mysqlのバックアップファイルが指定フォルダに作成される。
日付別でとっておく必要がないので、毎日同じファイル名で上書き作成される。

SEのためのバックアップ&リストア
JDSFデータバックアップソリューション部会
IDGジャパン
売り上げランキング: 1,114,459
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です