EC-CUBEでクレジット決済等を行うには?

【この記事の所要時間 : 約 3 分

epsilon.gif
EC-CUBEを導入するメリットの一つに、クレジットカード決済、コンビニ決済 、プリベイトカード決済、ネット銀行決済などのモジュールがすでに組み込まれているので、EC-CUBEが対応した決済代行会社ならば組み込みの手間がかからずに決済代行会社の審査のみで導入できる点だろうかと思う。
どの決済代行会社に対応しているのかは、EC-CUBE公式ページの以下に一覧で載っている。
EC-CUBE – すぐに使える他社サービス
決済代行以外にも提携しているサービスがいくつかある。
どの決済代行会社を選ぶべきかは、それぞれの決済会社に長所短所があるため、自サイトの特徴を踏まえ、いろいろな要素を考慮に入れて考えなければならない。手数料率などもかなり違うので、業者にお任せというのもまずい。
すべての決済代行会社ではないが、一部の決済代行会社を比較しているページがあった。
クレジット決済・コンビニ決済代行会社の徹底比較

・クロネコ@ペイメントは5%は魅力だが、コンビニ決済や携帯対応に問題がありそう。
・アスナルクレジットも同じく、コンビニ決済や携帯対応に問題。
・標準的なゼウスはクレジット決済は使いやすいが、コンビニ決済がないこと、デジタルコンテンツの場合に高いことが残念。
・イプシロン決済は法人ならかなり安い決済システム。しかも、クレジットカード、コンビニ決済共に携帯に対応しているのはうれしい。
・ネットプロテクションズのNP後払いはユニークだ。そして、月1,000円で自動登録システムNPコネクトライトが使える。NP後払い+NPコネクトライトにてもっと便利に!
いずれにせよ、店の規模や商品の性質を良く考えて選択することが大切ですね。それに、これからは携帯対応はぜひとも必要でしょう。
一つの結論:
・小中規模店舗の初期導入はイプシロン決済がいい。
・コンビニ決済をNP後払いで、カードをゼウスで行くのも面白い。
・その他、店の性質により異なる!

個人的にもいくつか調べてみたが、大規模なECサイトでなければ、料金面からみると、イプシロンが総合的に優れているかと思う。比較するために決済代行会社へ連絡などしてみればわかるが多くのところが、話を聞いてから見積りますという姿勢。しかしながら、イプシロンは非常に料金体系がシンプルでわかりやすい。クレジットカード&コンビニ決済のPC及び携帯電話対応で、初期費用、月額基本料、処理手数料がすべて無料、決済手数料が4~5.5%(月額最低料金あり)といったもの。価格表は以下のようになっている。
epsilon_cost.gif
イプシロン決済代行サービスの紹介
ここにはかかれていないが、電話で確認したところによると、毎月課金するようなタイプの決済は、通常「洗替サービス(あらいがえ)」という事前オーソリを行うが、この費用も無料とのこと。これは心強い。とりあえず、カンタンに安くクレジット決済などに対応したいと思っているならば、イプシロンがオススメかと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です