金鉱株 とは?

【この記事の所要時間 : 約 5 分

money_world.jpg
株価が低迷している現在、注目されているのが、金(ゴールド)と金鉱株である。金は上昇傾向にあり、日本でも金ETFが導入されて投資しやすくなっており、さらに金鉱株は金価格の値動きよりも大きく動く傾向(ギアリング効果)があるため投資というよりは投機に近い形ではあるが注目されている。
なぜ「金鉱株は金価格の値動きよりも大きく動く」のか?は、以下のサイトが参考になる。
金より金鉱株へ投資する理由(ギアリング効果)
ということで、注目されている金鉱株であるが、実は日本(国内株式)には金鉱株はない。(金山を持っている住友金属鉱山やグリーンシートに上場されているジパングなどあることはあるが・・)
ということで、金鉱株といえば、基本的には海外株式になる。
有名どころをあげると・・・
・世界第1位:バリック・ゴールド

カナダにあり、世界最大の金鉱銘柄(ADRコード:ABX)

・世界第2位:ニューモント

アメリカにあり、バリックゴールドに一昨年抜かれるまでは世界最大だった企業(ADRコード:NEM)

・世界第3位:アングロゴールド

南アフリカ最大で世界でも第3位の金鉱会社(ADRコード:AU)

・世界第4位:ゴールドフィールズ

同じく南アフリカを代表する金鉱会社。世界第4位(ADRコード:GFI)

上記の企業は世界的に有名な金山を擁しており、埋蔵量も豊富。
ただ、金を生産するには結構なコストがかかるため、ギアリング効果を考えると生産コストが低い企業が狙い目といえるかもしれない。ある一定以上の金生産量があり、生産コストが低いのが以下の2社だと言われている。
・キンロス・ゴールド(ADRコード:KGC)
・ゴールド・コープ(ADRコード:GG)
とまあ個別企業では、上記のような感じではあるが、金鉱株全体をみるときにポイントとなる指標として、HUI(金鉱株指数)というものがある。
HUI(金鉱株指数)チャート
2008年の前半はかなり金価格が上がっていたのに、金鉱株はそれほど上昇しなかった事実がある。その原因の一つといわれているのが、金鉱山会社の「金のヘッジ売り」である。「金のヘッジ売り」をしていると、経営は安定するかもしれないが、金価格が上昇してもその恩恵にあずかれないといったことがある。そのため、最近では、鉱山会社は、「金のヘッジ売り」ポジションを解消する動きが盛んである。
世界第1位の金鉱山バリック・ゴールドが金のヘッジ売りをしないと発表したとか。
http://d.hatena.ne.jp/beerrr/20090131/1233403871
世界第3位の金鉱山アングロゴールドの新CEOが2008年に300トン強の現有ヘッジ売りポジションを解消するとの方針を発表したとか。
http://futures.sakura.ne.jp/news/newpage111.html
こういう話題が多くなっている。
個別株はどうも・・・という人は、金鉱株の投資信託がいいかもしれない。「ブラックロック・ゴールド・ファンド」ならば日本でもカンタンに1万円から購入できる。
ブラックロック・ゴールド・ファンド (ブラックロック)

主要投資対象は、南ア、豪、加、米等の貴金属・一般非鉄金属(銅、アルミ、ニッケル、錫、亜鉛、鉛等)の採掘・精練等を行う企業の株式、特に金鉱株。地質学・金属工学者等のスペシャリストによりチームを構成。各企業の金埋蔵量、産金コスト等を推計・分析し、割安と考えられる銘柄に厳選投資。原則として為替ヘッジを行わない。1月決算。

信託報酬が2.20%だったり、 購入時手数料率が1~3.15%だったりと最近のノーロード投信に慣れている人はお高く感じるかもしれないが、結構たくさんの証券会社で購入でき、運用するブラックロック社は、世界有数の資産運用会社でもある。
Wikipedia – ブラックロック

ブラックロック(BlackRock Inc.、NYSE: BLK)は、アメリカの世界有数の資産運用会社である。機関投資家および個人投資家を対象とした、グローバルな資産運用、リスク管理および投資顧問サービスを提供している。2006年6月30日現在、ブラックロックの債券、短期資金、株式、オルタナティブ運用、および不動産投資を合わせた運用総額は、約1兆460億ドルに上る。
2006年10月のメリルリンチ・インベストメント・マネジャーズとの経営統合後、独立系の運用会社として、アメリカ、欧州、アジア、オーストラリア、中近東を含む世界18カ国に35のオフィスを展開している。日本においては「ブラックロック・ジャパン株式会社」として資産運用業務を展開している。

金鉱株に興味を持っている人は、こういうのを調べてみると面白いかもしれない。
当たり前ですが、投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です