サンディスクの16BG マイクロSDHCメモリカード がやってきた。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

sandisk16g.gif
携帯電話で利用できるマイクロSDHCメモリカードを購入。これには、「メモリカード本体」の他に、「SDカードへの変換アダプタ」がついていたのでちょうどよかった。購入したのは、16GBのマイクロSDHCメモリカード。税込 4,980 円也。
サンディスク、16GバイトのmicroSDHCを発売

サンディスクは、16GバイトのmicroSDHCを2008年11月下旬に発売する。NTTドコモの2008年冬モデル「P-01A」(11月発売予定/パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)がまずは対応し、以降に発売される製品も順次対応する予定だ。価格はオープンで、実売想定価格は1万4000円前後。サンディスクはこれまで、最大2GバイトのmicroSDと、4Gバイト/8GバイトのmicroSDHCを発売。今回発表された16GバイトのmicroSDHCは、携帯電話向けのメモリーカードとしては世界最大容量となる。製品の保証期間は5年間。

P-01Aに対応しているメモリカード。
16GバイトのmicroSDHCは使える?

サンディスクから16GバイトmicroSDHCが発売されたが、この16GバイトのmicroSDHCの対応状況についての質問が多く寄せられた。「F-01A」「N-01A」「P-01A」「SH-01A」にサンディスクの16GバイトmicroSDHCを挿入して確認したところ、4機種とも認識した。ドコモが公表しているmicroSDHCの対応状況は、 P-01Aが16Gバイト、F-01A、N-01A、SH-01Aが8Gバイトだが、実際は4機種とも16Gバイトのカードを認識する。 microSDHCに対応した機種なら、基本的に16Gバイトのカードも利用できると考えてよさそうだ。

とのことで、P-01A以外にもF-01A、N-01A、SH-01Aには、16GBのメモリカードが使えるっぽい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です