高級ゴルフボール(タイトリスト Pro V1x)がやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

titlist_prov1x1.jpg
タイトリスト Pro V1x が安くなっていたので、これを機会にボールを V1x で統一しようと思い、とりあえず2ダース注文した。タイトリストのペンもおまけでついてきた。
このペンの裏にはJGA発行のゴルフ規則書の「第3章12-2.球の確認」が載っていた。

正球をプレーする責任はプレーヤー自身にあり、各プレーヤーは、自分の球に識別マークをつけておくべきである。

まずは購入したボールに識別マークをつけることから始めたいと思う。
titlist_prov1x2.jpg
ローナンバーの1ダースには、4つのスリーブが入っており、それぞれ1~4番が3球づつ入っていた。たぶんコースでは、1→2→3→4→1という風に使っていけば、OBなどで打ち直す場合のボールの確認が一定のルールになりわかりやすくなるかと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です