2009 WBC(ワールドベースボールクラシック)とは?

【この記事の所要時間 : 約 4 分

「WBC 2009」は、第2回のワールド・ベースボール・クラシックのことであり、2009年3月5日から2009年3月23日まで行われる。
参加チームは、16ヶ国。4チームづつ4つのグループで「ROUND 1」を戦い、それぞれ上位2チームの計8チームが「ROUND 2」へ進むことができる。4チームづつ2つのグループで「ROUND 2」は戦い、それぞれ上位2チームの計4チームが、「セミファイナル」へ進むことができる。「セミファイル」の勝者同士がWBC2009の王者をかけて「ファイナル」を戦う。という感じになっている。
まず「ROUND 1」のグループ分けだが、以下の4グループとなっている。
Pool A : 日本、中国、台湾、韓国
Pool B : オーストラリア、キューバ、メキシコ、南アフリカ
Pool C : カナダ、イタリア、米国、ベネズエラ
Pool D : ドミニカ、オランダ、パナマ、プエルトリコ
Pool Aは、日本、Pool Bはメキシコ、Pool Cはカナダ、Pool Dはプエルトリコで開催される。では、我が日本のPool Aの日程はどうなっているかというと・・・
試合はすべて東京ドームで行われる。
1. 3/ 5(木) 18:30 中国 vs. 日本
2. 3/ 6(金) 18:30 台湾 vs. 韓国
3. 3/ 7(土) 12:30 (1の敗者) vs.(2の敗者)
4. 3/ 7(土) 19:00 (1の勝者) vs.(2の 勝者)
5. 3/ 8(日) 18:30 (3の勝者) vs.(4の敗者)
6. 3/ 9(月) 18:30 (4の勝者) vs.(5の勝者)
今回のトーナメントは、「ダブルエリミネーション方式」が採用されている。では、「ダブルエリミネーション方式」とはいったい何だろうか?
これは変則的な方式だが、同じ組に配された4チームの中で試合を行い、初戦に勝つ・負けるで翌日以降の対戦相手が変わり、2つ勝った時点で勝ち抜け、2つ負けた時点で敗退となるトーナメント方式である。そのため、上記の日程表をみてもわかるように、初戦だけ対戦相手がわかっているが、それ以降は試合結果によって対戦相手がかわるので、現時点では不明となっている。ちょっとややこしいが、以下のことだけ頭にいれておけばいいかと思う。
先に2敗したら敗退、
その前に2勝したら勝ち抜け

日本は、2008年3月 5日(木)18:30に中国と初戦を戦う。
楽しみに待ちたいと思う。
プロ野球 名選手・大選手・名シーン DVD BOX
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃憧 れ た あ の 名 選 手 の プ レ ー を ・ ・ ・    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
プロ野球黄金期にファンを熱狂させた名選手たちのプレーを収録!!
プレミアムスペシャルコレクションパッケージDVDBOX『我が英雄』
蘇るプロ野球の名勝負、名シーン・・・あの感動をもう一度
「長嶋茂雄」「王 貞治」「川上哲治」「堀内恒夫」などプロ野球黄金時代に活躍した名選手のDVDです。
2006年に行われた第1回WBC(ワールドベースボールクラシック)については以下のエントリーを参考に!

参考サイトとしては、以下も重要。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください