日経テレコン21を無料で使うためには・・・

【この記事の所要時間 : 約 2 分

nikkei_telecon.gif
日経テレコン21 というサービスをご存知でしょうか。月額8400円で日経新聞や一般の新聞(90紙)を検索でき、企業データベース、人事データベースも検索できるというサービスなのですが、一般の人にとっては月額料が高いという印象でしょう。
しかしながら、この日経テレコン21を無料で利用できる方法がある。
その方法とは、日経テレコン21を無料提供している証券会社の口座を持つこと。
日経テレコン21を無料提供している証券会社は知っていいる限りでは以下の4つ。
1.野村證券
2.丸三証券
3.楽天証券
4.大和證券
ただし、どれもすべて完全に日経テレコン21の機能を使えるわけではない。検索できる記事の期間という縛りがある。野村證券は直近10年分、丸三証券は直近1年分、楽天証券は直近1年分、大和證券は直近3か月分となっている。
それぞれの証券会社で条件など少し異なるが、基本的には無料で利用できる。日経テレコン21の利用に絞って考えれば、野村證券のインターネット口座(「野村ホームトレード」)を作るのがベスト。
日本経済新聞, 日経金融新聞, 日経産業新聞, 日経流通新聞MJの過去10年分の記事を無料で読めたなんて

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です