武将列伝 江戸篇 – 海音寺 潮五郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

武将列伝 戦国揺籃篇の江戸版。
1.真田幸村
2.立花一族
3.徳川家光
4.西郷隆盛
5.勝 海舟
立花一族については、あまり知識がなかっただけに新しいことがいろいろとわかって勉強になった。本書では、立花道雪と立花宗茂について書かれていた。宗茂の猛者ぶりはいくつかの本で読んだことがあったが、晩年についてはよく知らなかった。関ヶ原後は、領地もなく京や江戸へ出て家臣が乞食や人足などをして食いつなぎ、たまたま秀忠に相伴衆(五千石)にとりたてられたことがきっかけで、奥州棚倉一万石、最後には柳川十一万石をあてがわれて領主に返り咲いていた。
徳川家光については、徳川幕府の基盤を作った生まれながらの将軍というイメージしかなかったが、本書を読んで若干違う認識もあるのだなあと思い、認識に変化があった。それは、著者の海音寺潮五郎氏は、以下のように徳川家光について書いている。

ぼくと違った見方をする人は、家光を英邁不群の将軍と解釈するかも知れないが、ぼくには以上の通り、中以下の人であったとしか考えられない。ちょうど徳川家の勢力がもっとも強固にかたまり、将軍がもっともはなやかな存在である頃に将軍となり、当時の老中らが懸命になって家光を名君として宣伝したので、名君ということになったのだと思うのだ。彼の逸話や言行はいくらも伝えられており、ほとんど全部がほめことばで飾られているが、ぼくにはそのほめことばが空回りしているものが多いように思われるのである。

著者は、家光を中の下と評価している。
武将列伝は、歴史上の人物を深く掘り下げたものが多いので、新しい情報、あたらしい見方などがたくさんあるため読み応えがあり楽しい。武将列伝は他の編もあるので、楽しみにしたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です