南フランスの旅 – シャンブルドット

【この記事の所要時間 : 約 2 分

sha0.jpg
プロヴァンス滞在では、ホテルではなく、シャンブルドットに宿泊した。
シャンブルドットとは、一般家庭のゲストルームを宿泊に提供し、+朝食がついている民宿タイプの宿である。日本ではあまりないタイプの宿であるが、ヨーロッパではシャンブルドットがたくさんある。
sha1.jpg
ヴァンスのシャンブルドットでは、La Colline de Vence がお勧め。非常にきれいな邸宅で、4つほどのゲストルームがある。朝食は、プールサイドなどで頂くことができる。ヴァンスの旧市街から少し遠く、丘の上の方にあるため、車がないと厳しいが逆に眺めは非常にいい。
sha2.jpg
アヴィニョンのシャンブルドットでは、A l’ombre du Palais がお勧め。ミラノのファッション業界にいたイタリア人マダムが経営しているためか、お部屋やダイニングルームなどとてもおしゃれ。法王庁がテラスから直接見える絶景ポイントでもある。
sha3.jpg
エクス・アン・プロヴァンスのシャンブルドットでは、SOUS LE TILLEUL がお勧め。エクス・アン・プロヴァンスの中心・ミラボー通りからも近く、朝食がとても美味しい。ベッドルーム、ダイニングルームなども非常に広く、友人の別荘を借りているかのよう。
南仏、プロヴァンスへ行きたいと思っている方は、是非、ホテルだけでなく、シャンブルドットも候補のひとつに入れてみるといいかとおもう。シャンブルドットが思い出のひとつとなる。現地に友人ができたような感じ。お勧め。
トラベラーズカフェ – シャンブルドットとは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です