プロギアの「T3 502銀」ドライバーがほんとにやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

502_1.jpg
PRGR(プロギア)のサイエンスフィットに行って、自分のスイングにもっともあっているクラブは、ヘッドは502銀、シャフトはフジクラ ランバックス 6V05、ロフトは10.5度、硬さはSということがわかり、さっそくそのクラブを探す。シャフトが純正ではないため、なかなか見つからなく、新品を購入するしかないか・・・と思っていたらオークションで中古があった。まさにヘッドもシャフトもロフトも硬さもベストのもの。
502_2.jpg
これを使えば、シャフト自体が自然にしなってくれるらしいので、練習をして振りなれたいと思う。そして、1点指摘された「ティーの高さ」は低めにする。これでドライバーは距離も安定感も一新されるか!?
非常に期待している。まわりにきくとやはり502銀は名機というウワサ。さらに年末にはモデルチェンジされ、少しフックフェース気味になるらしい。サイエンスフィットでも言われたが、モデルチェンジ後のものよりもモデルチェンジ前の現行モデルの方があっているとのこと。新しいからいいかというとそうでもないとのことで、そこは素直に従いたいと思う。
502_3.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です